バンパーの擦り傷修理について

バンパーの擦り傷の修理を行う場合は、出来る限りプロの塗装会社へ依頼を行うようにするべきです。軽微な傷であれば自分でできると考えている人も少なくないはずですが、傷の完全な修理は簡単な作業ではありません。多くの工程を踏む必要があり、またその工程も環境によって出来に大きな違いが生じてしまいます。綺麗に、そして元の通りに修復するためには、やはりプロへの依頼を行うことが大切です。また、業者を選ぶ場合にも注意が必要です。どこでも同じように修復してもらえるわけではなく、その施工レベルは業者によって大きな違いがあります。安いからといって安心できないというわけではなく、高いから安心というわけではありません。重要なことは、多くの情報を収集して修理依頼を行うことです。突発的に業者を決めることは良いことではありません。

バンパーの擦り傷を簡単に修理する

バンパーに擦り傷を付けてしまった時には、スプレーなどで修理をすることができます。まずは、傷となっている面を紙やすりで削って平らにします。もしも、ささくれのようになっているときには、その部分をきれいに落とします。そして、きれいに仕上げたいのであれば、パテをその部分にもってデコボコをなくします。表面が平らになったら脱脂をして塗料を塗っていきます。脱脂は後から塗料が取れなくすために必要になるので、必ず行う必要があります。そして、スプレーの色は車のボディカラーによって違うので注意が必要です。車のドアの部分などに記載されているのでそれを参考に購入することが必要です。そして、一度に塗るのではなく数回に分けて乾いたらまた塗り重ねるようにしていくことがポイントになります。その後、クリアスプレーをすることで仕上がりをきれいになります。

バンパーの擦り傷程度の修理は消し去る事ができる

バンパーの役割には、衝撃を受けた時にバンパー自体が損傷する事によって車体にダメージが伝わらない様にし、キズが付きやすいパーツでコーナー部分は特にキズが付きやすいです。最近の車はボディと一体化しているデザインとなっているので、擦り傷程度でも目立ってしまいます。樹脂バンパーの場合にはサビの心配がないためガードレール程度のキズの場合には、放置してても問題はありませんが、新車で購入したばかりの場合には修理をした方がよいです。擦り傷でも目立ってしまう事から本格的に補修が必要と思ってしまいますが、塗装の表面に異物が付着してしまったり、溝が浅いだけという事が大半で、コンパウンドで磨くだけでもきれいに消し去る事ができます。ボディカラーと全く違いキズが違う場合には、塗装表面の塗料カスなどの異物がついている場合がほとんどで、指先で撫でてみて凸状の引っ掛かりがあったら、付着した異物をコンパウンドで磨き落とせば元通りの状態になります。