バンパーの擦り傷を修理する

バンパーはうっかりしていて擦ってしまうことがあります。その時には、自分で修理をすることで目立たなくすることができます。その擦り傷の具合によっては、塗料を塗るだけでは目立ってしまうこともあります。その時には、その部分を削った後にパテを盛り整えます。その後、塗料を塗ることになります。その時に、気を付けなければならないのが、シリコンオフを使って脱脂をすることです。そうしないときれいに塗料が付かず斑になってしまうことがあります。そして、スプレーをするときにも注意が必要で、初めは薄く塗っていき徐々に塗り重ねていきます。最低でも三回は塗り重ねることが必要です。そして、最後の仕上げとしてぼかし材を塗ることで目立たなくなります。もっときれいに治したいのであれば、クリアのスプレーをすることで透明感のある仕上がりになります。

バンパーの擦り傷の修理

自動車は便利な乗り物ですが、気をつけて運転していてもキズがついたりしてしまうことはあるのではないでしょうか。その中でもよく見かけるのがバンパーの擦り傷です。本来の機能として、本体を守るために自らが犠牲になるというのがバンパーの役割なのでキズやヘコミはつきやすくて当たり前といってもよいです。中には、少しくらいならば走行に問題もなく車検に通らないわけでもないので直さないという人もいますが、目立ちやすい場所ということもあり、どうしても人目にはついてしまいます。乗っている人は慣れてしまってるし、乗ってしまえば見えないところなので気になりませんが、周りからは運転が下手なのかとイメージされてしまいかねません。そのことから予期せぬトラブルを生まないためにも修理しておくのも一つの手段なのではないでしょうか。

バンパーの擦り傷修理

自動車はとても便利で生活には欠かすことができない乗り物だという人も多いのではないでしょうか。しかし常にトラブルに巻き込まれる可能性がある乗り物だということも頭に置いておかなくてはなりません。相手があるトラブルはもちろんですが、壁にぶつかったり擦ったりしてしまうこともあるのではないでしょうか。ありとあらゆるリスクの中でも最も多いといっても良いのが、バンパーの擦り傷です。擦り傷くらいであれば、自分で直すこともそう難しくはありませんが、やはりプロに修理してもらったものと比較すると差は歴然です。手間もかかるので業者に依頼するという人が多いのではないでしょうか。その際に、どこに持っていくのかは見積もりを出してもらい、しっかりと比較してから決めるようにしましょう。修理費用は業者によってかなりの差があります。

土曜、日曜、祝日も朝9時から夜22時まで年中無休で営業。 大型車の修理はお金がかかるもの?10cm以内のヘコミなら、11,000円均一で修理可能です。 修理・塗装のビフォア・アフターをブログで紹介中!作業の工程を紹介しています。 修理の工程は一緒。だから、軽自動車も高級車も修理価格は変わりません。 バンパーの擦り傷を修理が速い!